メタボ対策ナビ - 食事・運動・グッズの活用法とは?

 

あなたは、健康診断でメタボリックシンドロームと判定されていませんか?かつては成人病と言われていた生活習慣病は、様々な病気が原因となって発症するものです。この病で命を落とす日本人は3分の2にのぼるほど危険視されていますが、その原因の中でも代表的なものであるのが、近年よく耳にするようになったメタボリックシンドロームです。

 

国内では、2008年からメタボリック健診が義務化されたことで、現在とても注目されている言葉ですよね。それほど健診は重要なものであって、国全体でメタボ対策を行なうよう強く指導しています。と言っても、この健診の結果を軽視しているだけでなく、メタボ対策の必要性を理解していない場合がほとんどなのが現状のようです。

 

そこで、こちらではそもそもこの言葉がどういう事を表すのか、またメタボ対策としてどう対処したら良いのかについて、メタボ対策をたくさんご紹介しているのでぜひご覧下さい。現在、健診で判定されていなくても、これからの生活において予防にもなるので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

さて、「死の四重奏」や「内臓脂肪型肥満」と呼ばれる事もある内臓脂肪型肥満ですが、簡単に表すと太っている人の事を表します。ただし、単に肥満状態であるだけでは意味合いが曖昧なので、分かりやすく基準をもうけたとされています。それは、腹囲が男性で85cm以上、女性では90cm以上です。

 

これは、内臓脂肪の蓄積によって起こる病気のリスクが高い事が研究結果として表れた為、病気予防の意味を込めて検討されたものです。その為、基準となる数値についての医学的根拠はありません。また、腹囲だけでなく、その他にも空腹時高血糖や血圧の数値も考慮したものなので、腹囲だけで判定していないという事を覚えておいて下さい。

 

というのも、メタボリック症候群は自覚症状がほとんど無いために、こうした基準をもうける事でメタボ対策をしてもらおうという目的があります。そのメタボ対策とは、普段の食事を見直す事や運動を取り入れることで簡単に予防改善できるものなので、メタボ対策をすぐにでも行なうよう勧められています。食事改善や運動を行なうことは、全く難しい事ではないですよね。

 

むしろ、生活習慣病になってしまうと完治が難しいので、そうなる前にメタボ対策を行なうよう国全体で強く指導しています。自分の身体を守るためにも、メタボ対策を始める事は大事ですからね。こちらでは、あらゆるメタボ対策を分かりやすく掲載しています。あなたに合ったメタボ対策を見つけてみて下さい。

 

中でも一番効果的なメタボ対策は、食事内容を見直す事です。昔に比べて現代の食事は欧米化が進んでいる為に、脂っこい食事を好む方が増えてきましたよね。また、仕事の多忙さから外食が増えたり、ファーストフードやコンビニ弁当などで簡単に食事を済ませる傾向にあるので、特に食事には注意して欲しいところです。

 

それから、運動不足の方も増えているようですね。脂肪は運動によって燃焼されるものなので、現在全く運動をしていない場合には、メタボ対策として出来る限り運動を取り入れて下さい。その際はウォーキング等の有酸素運動がお勧めです。この程度の運動なら誰でも簡単に出来ますよね。その他、メタボ対策としてグッズも多く販売されていますよ。

 

グッズの中でも人気なのは、コーヒーやお茶ダイエットと呼ばれるグッズや、運動の際に使用するダイエットグッズですね。と言っても、メタボ対策としてのダイエットはあくまでも内臓脂肪を減らす事なので、一般的なダイエットとは違います。ですが、使用するグッズについてはほとんど変わらないので、グッズを活用する上での意識として理解しておいて下さいね。様々な方法でメタボ対策が行なえるので、あなたもぜひ今日からメタボ対策を始めていきましょう。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

メタボとは?


あなたは、メタボリック症候群でお困りではないですか?

 

現在では、この言葉を知らない人はいないと思います。

しかし、具体的にどのような状態のことを言うのかについては、明確に知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

※メタボ=メタボリックシンドロームと言います。

 

そこで今回は、この事について詳しく説明していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

まず、先ほども言いましたが、正確にはメタボリックシンドロームと言います。

 

簡単に言えば太っている人のことを指します。

 

ですが、それだけではどの程度なら良いのか分からないという事で、国内では基準検討委員会の検討結果で次の指標を使用することになっています。

 

■腹囲が男性で85cm以上の方

 

■腹囲が女性で90cm以上の方

 

この数値に該当する方をメタボリックシンドロームと表現しています。

 

これは、それまでの考え方と大きく異なっています。

 

それは何故かと言うと、これには内臓脂肪の蓄積が重要な役割を担っていることが分かってきたからです。

 

このような考え方は日本だけでなく、世界的な傾向と言っていいでしょう。

 

男性で腹囲が85cmを越えている場合、腹部CT画像で内臓脂肪を測定すると断面積100平方センチに相当すると考えられています。

 

また、腹囲の他に、高トリグリセライド血症が150mg/dL以上、または低HDLコレステロール血症が40mg/dL以下の方も該当します。

 

※血圧では高い方が130以上、低い方が85以上の方が該当します。

 

※空腹時高血糖が110mg/dL以上の方も該当します。

 

国内では、2001年から定期健康診断で要注意と判定された場合には、特定保健士指導の費用や二次検診が労災保険から賄われることになっています。

 

この制度は世界にはない制度です。

 

生活習慣病の予防改善を、社会全体で実施しようと考えていることの表れと言えますね。

 

あなたも該当しているのであれば、メタボ対策をしっかりと考えておかなければいけませんよ。

 

基準について


動脈硬化などによる病気の危険が高まる症状を、メタボリックシンドロームと呼びます。

 

これは統一的な概念にしようと考えられました。

そもそも、あなたは基準について知っていますか?

 

では、どのような状態をメタボリックシンドロームと呼んでいるのでしょうか。

 

その基準については次のようになっています。
(以下参照)

 

<基準について>
■男性の場合、腹囲が85cm以上の人

 

■女性の場合、腹囲が90cm以上の人

 

※腹囲の数字が妥当であるかどうかについては、調査の結果から科学的な根拠は明らかになっていません。

 

しかし、腹囲が大きくなるに従い、生活習慣病の危険性が高まることは分かっています。

 

これは間違いないですね。

 

それから、下記の3項目のうち2項目以上が該当する人も判断されます。

 

・血清脂質異常
・血圧高値
・高血糖

 

※この基準は、国内の医学界の会議で決められています。

 

<医学界について>
・日本肥満学会
・日本動脈硬化学会
・日本糖尿病学会
・日本高血圧学会
・日本循環器学会
・日本腎臓病学会
・日本血栓止血学会
・日本内科学会

 

合計8つになります。

 

※国内の医師の総意の下に決められたものです。

 

※もちろんこれが完ぺきな基準ではないとも言えるので気をつけましょう。

 

と言っても、現時点では最善の基準とも言えます。

 

また、基準がない場合は、それを判断する医師の裁量によってバラつきが出てくることが考えられます。

 

そのような問題を発生させない為にも、基準が必要だったとも言えますね。

 

これらの基準に従って、現在では判断がなされています。

 

もしも判断された場合には、メタボ対策として生活習慣を改善するよう言われると思います。

 

それには指導が行われます。

 

しかし、自らの意思で改善しようとしない限りは対処にはなりませんよ。

 

誰かがずっとあなたを監視することは出来ないですからね。