年金生活では住宅ローンは借りられない?

マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。

ですが、住宅を購入する際には必ず住宅ローンの審査が必要です。

現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。

ですので、銀行の住宅ローンを利用される方が一般的です。

住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。

長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。

審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。

ローン審査を無事に通過するためには、最低でも300万以上が必要年収ラインだと言われています。

ただ、それだけで良いという訳ではなく、会社の規模や勤続年数などもチェックされます。

自分の家を建てたい!と思ったとき銀行などから申請できるマイホーム購入時の融資がとても頼りになります。

だけど、数ある中からどこを選べば良いのか?迷ってしまう方も多くいらっしゃると思います。

選び方の一つの方法としては、自分が行きやすい近場のところを選んだり不動産屋にお任せしたり、ネットバンクなども受付可能です。

ですが、どの場合でも審査が必ずあり申し込みさえすれば通るだろう。

という事でもないので注意してください。

近々、マイホームを購入したいと考えている方で家族からの援助を受けてローンを返済していく方は、是非、贈与税というものを理解しておきましょう。

税金の中でも親族などから貰うお金によって税金が発生するもので例えば年間110万円を超えたお金を貰った場合、約10%を税金として支払う義務があるのです。

110万円以下であれば、税金はかかりません。

またふとした時に親族からお金をもらう場合もあるので、出来るだけ手数料をかけずに返済していく方法を考えましょう。

口コミなどを参考に今から準備しておきましょう。

参考:年金受給者でも審査に通る住宅ローンとは?【65歳以上も申込み可能?】

家を購入する際、資金の面で大変頼りになるのが住宅ローンです。

希望される場合は、お近くの銀行・信用金庫またインターネットバンキングでも受付ています。

ただし、どこに申し込みをしようとも審査があります。

重要とみなされるところは職業・勤続年数・年収などが主になります。

あわせて、過去の金銭トラブルなども審査基準の判断になりますので仮に思い当たることがあるのならきちんと綺麗に片づけた上で申請されると良いでしょう。

自分の家を建てよう!と思ったとき役立つものとして住宅ローンがあります。

銀行や信用金庫からローンの申し込みは出来ますが家を購入する際は不動産屋を通す方がほどんどだと思いますので不動産屋と提携している金融機関に申請しても良いでしょう。

返済期間はそれぞれですが一番長いもので最長35年が選べます。

だけども、申請者の年齢によってこの期間を選べない可能性もあります。

たいてい40歳以上の方の申し込みの場合から通りにくくなってしまう事が多いようです。

将来、家を買うために住宅ローンを考えている方は借入れ以外で必要な経費はいくらなのか把握しておきましょう。

一般的には、ローンの約1割程度だといわれています。

利息の安さに惹かれて申し込んでみたものの、保証料や契約にかかる全ての費用をトータルで計算してみたら、評判ほど安くならずに残念だったという方もいます。

それで手数料も合わせた総返済額がいくらになるのか、これらを総合的に計算してみる必要があります。

実例を挙げると、金利が安くても保証料が高かったり他の面で高くつく場合があるので注意が必要です。

一生の中でも一番大きな買い物とも言える、大切な住宅ローンですが何を基準に決定しましたか。

近々、マイホームの為の融資を受けたいと思っている方もまずは実際に利用している方の口コミを参考にしてみると良いでしょう。

近年、注目を集めているのは新生銀行なのをご存知ですか。

理由は金利の安さがどこよりも優れているためです。

繰上げ返済をしたい場合の手数料も無料でしてくれますし、今月中に申込みをされると特典もあります。

但し申込みをしたのにスタッフが不在だったなど不評もあります。

自分でも出来る範囲で調べてから相談してみると良いですね。

住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。

そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。

繰り上げ返済はいつもの支払いとは別のもので、まとまった金額を返済する手法です。

繰り上げ返済をすることによって、ローン元金を減らす事が可能ですので、返済金そのものを減らす事ができます。

借入額が減れば、月々の返済額も減る。

という事になります。

繰り上げ返済をする際に手数料がかかる銀行もあります。

将来、自分の家を新しく建てる予定がある方、返済総額はいくらで、期間はどの程度になるのか細かい数字まで出したい方はシミュレーションしてみましょう。

賞与などを利用した返済にするのかしないのか、どれくらいの金利で何年間のローンと仮定し試算するのか、準備すべき住宅ローンの金額が分るので計画を立てやすいです。

予算を簡単に試算できるサービスが揃っており、比較してみると更に判断しやすくなるでしょう。

但し出てきた数字は一つの基準として考えましょう。

直接相談できるところも沢山あるので、多いに活用して下さい。

家が欲しいと思ったとき金融機関で申し込み可能な住宅購入時の貸付が頼れます。

申し込みした場合、初めに審査があります。

パスしないと先にはいけません。

重要な判断材料は年収や務めている年数、仕事の内容が主になります。

さらに、カードローンの利用歴もチェックされるので今後本当に家の購入を検討しているのであれば使用しないか、必要な時だけにするのが良いでしょう。