大学病院とクリニックでは看護師の給料違う?給与理由で転職あり?

日夜、仕事に打ち込む看護師の給料は、他業種と比べると高めですが、勤め先により違いがあり、例えば大学病院と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。
退職時につく手当、退職金はどうかというと、公的医療機関であれば、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。
ところが、個人病院の方では、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。
公立病院なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。
言うまでもなく、看護師の仕事というのはきついものであり、肉体的にも精神的にも、辛さを感じることはあるでしょう。
二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちに誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。
基本的に立ち仕事でもあり、上手く身体を休めないと当然のように疲れを蓄積していき、腰痛や頭痛に苦しむことになり、心身への負担をしみじみと実感してしまうことはあります。
「看護士」と「看護師」、両方とも発音は一緒です。
この二つを漢字で書き表すと二通りで表すことができます。
少し前までだと、看護士と書いた場合は男性のことを指し、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。
法律が変更された2001年を境に、女性にも男性にも使うことができる看護師の呼び名に一元化しました。
今以上に自分の看護師としてのスキルを上げたいと希望するなら、答えは簡単です。
経験を積む、これだけです。
ケースごとにきちんと対応方法がマニュアル化している、という生やさしいものではありません。
ですから、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。
向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから別の仕事先を探す人も一定数います。
大学病院など、高度な医療を行なうところで技術を吸収したいと希望する、意義のある職場変更と言えるでしょう。

看護師求人じっくり選ぶなら?【失敗しない転職先探しのコツ解説】